眠りと夢の関係は?

夢は誰でもみている

夢を見ていないという人も実は、3から5つ程度みているとも言われています。 覚えている時と覚えていない時があるのは不思議なことですね。

覚えていないことがなぜかという理由に対して色々な説がありますが、一つには深いと浅い眠りの繰り返しが関係しているという説があります。

人は、浅いと深い眠りを繰り替えて目覚めますが、夢をみているのは浅いの時だと言われています。浅いの時に目覚めると夢を覚えており、深い眠りの時に起きると覚えていないということです。

夢を見ていたので熟睡できていないのではなく、周期によるタイミングが影響しているということになります。 何のために見ているか考えたことはありますか?その日にあった出来事を整理しているとも言われています。

夢の中で必要でないと判断された情報や記憶を無くしているのです。それが、ストレスを解消することにもつながります。重要な役割を果たしていることになります。

悪夢が続く時にはどうしたらよいか?

悪夢の時には、うなされていたりして熟睡できないものです。あまりにも恐怖を感じる場合には、もう恐くて寝たくないと思ってしまいます。特に精神の状態などが良くない体調が良くない時におきるものです。

そんな時にはどうしたら良いのでしょうか?そんな時には、恐怖の体験は夢であるということは自分自身で十分に認知させることです。リアルな夢である場合には、寝起きには現実と錯覚しそうなこともありますが、しっかりとこれは現実ではないと認識させてあげるようにすることで悪夢をみなくできることもあります。

また、日常でのストレスなどをかかえている場合が原因である場合には、日常生活の中でストレスを発散させることをおこないましょう。ウォーキングや自転車などの有酸素運動がお勧めです。

長く悪夢が続く場合には、悪夢障害という病気である可能性があります。そんな場合には、病院で治療を受けましょう。