眠りが浅いのはストレスが原因かも知れません。

内側と外側の要因は何か?

眠りが浅い原因にはストレスが大きな要因であることがあります。それは本人があまり意識していないだけで、慢性的にストレスが溜まってることもあります。気になることがあり、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅く寝てもすぐに目が覚めてしまうなどの場合にはそれがあてはまります。

溜まってしまうのは、外的と内的の要因があると言えます。外的は、自分に対してストレスを与える元となるものです。社会環境、職場環境、家庭環境などがそれに当てはまります。

外的は、自分以外の環境を改善することですが、なかなか困難であることもあることが多いと言えます。どちらかといえば、環境を改善するというよりも少しでも良い環境に自分を移してあげることが良いのではないかと言えます。

内側の改善方法

内的は、自分自身の受け止め方によるものです。同じ環境にあってもストレスとして感じる人と感じない人がいます。これは、自分自身の受け止め方が異なるためだとも言えます。これを知るだけでも、眠りが浅い改善につながります。

外的を改善するには、困難なことでも内的は自分自身ですから改善できる可能性があります。性格や気質などによっての受け方が変わります。まじめで几帳面、おとなしい性格の方はストレスを受けやすいといえます。

性格はすぐには変えることは難しいのですが、考え方のトレーニングなどで変えていくこともできます。自分の考え方が全て悪いと思わないで、受け止め方を変えることで辛いことや嫌なことを楽に受け止めるコツと考えてみれば良いのではないでしょうか? 少しずつ改善して、浅い眠りを無くしましょう。

溜まってしまったストレスは、休日や空き時間などに発散できるようにしましょう。ストレスとうまく付き合うことで、浅い眠りを改善することができます。