眠りを深くする改善方法

副交感神経を優位に働かせる改善を

眠りが浅い人は意識して改善するようにしましょう。

その事を軽視していると症状がひどくなることがあります。眠りが浅い場合、普段の生活に戻すことによって改善することもありますが、まったく原因が見つからないまま、眠りが浅い状態が続いてしまうことがあります。

原因が思いつかない場合や原因と思われることを辞めてみたが、まだ眠りが浅いばいには、改善できることを行ってみましょう。

では、どのようなことに意識して改善していけば良いのでしょうか?それは、副交感神経です。副交感神経が優位に働くことを意識して改善することが大切です。

有酸素運動がお勧め

有酸素運動を行うことでストレスを緩和したり自律神経の乱れを改善する働きがあるといわれています。副交感神経は、リラックスしている時に働くものです。普段から緊張や興奮状態が続いていると、自律神経が乱れていると副交感神経になかなか切り替わらなくなってしまいます。

寝る前には、リラックスした状態で副交感神経が働いていることが理想的です。有酸素運動をおこなうとゆっくりと遅い呼吸が行われます。このゆっくりとした呼吸を行うことで、副交感神経の働きが優位になり働きやすくなります。

有酸素運動を行うことで自律神経の乱れを改善することにつながるのです。 副交感神経の反対が交感神経です。交感神経は、興奮や緊張した時に働くものです。

寝る前に交感神経が働かないようにする改善が必要です。
強い光を避ける
(スマートフォン、パソコン、テレビなど)

カフェインの多い飲み物や食べ物を避ける。
(お茶、コーヒー、チョコレートなど)

興奮しそうなものは避ける
(ホラーや恐怖体験など)

副交感神経を優位にさせるように改善していけば、改善につなげることができます。そのために、ウォーキングなどの有酸素運動などがお勧めです。