原因は何か調査する

生活習慣の見直しも視野に入れる

眠りが浅い原因は、人それぞれで個人差があるため、一概にどのような要因が眠りが浅いことに直結しているのかを断定することは難しいところがあります。眠りが浅い習慣が身についてしまうと、それが慢性化してしまい、本人もその生活になじんでしまう危険性があるからです。原因は、個人の生活習慣に依存するところが大きいと言えます。

生活に慣れてしまうと、その原因をなかなか断ち切ることは難しいといえます。一度、習慣化されてしまっていると、病気の完治には長期的なプロセスが必要になってきます。

主な原因

カフェイン
寝る前などにコーヒーやお茶などカフェインの多い飲み物を摂取している。 (玉露、コーヒー、ココア、栄養ドリンクなどは多いので注意)


最近は、寝る前までスマートフォンを使っている人が増えています。パソコンやテレビなどは強い光を発しており脳に強い刺激を与えます。就寝の一時間前からは、どの様な光から避けるようにしましょう。

ストレス
悩みや考えごとなどで脳を活発さてしまます。

アルコール
寝付きは良くなりますが、眠りは浅くなる傾向にあります。

生活習慣
運動不足や起床時間がバラなど不規則な生活が続いている。

眠りが浅いような生活は、健康によくないこともありますし、成人病な様々な原因にもつながっています。すぐに治るだろうと軽視していると、それが慢性化してしまっていることもあるので、最終的には医師による治療が必要になることもあるでしょう。

原因がストレスの場合には

原因は、特にストレスが原因のようなときには、まずはそのストレスを根本的に対処することが最初に必要になります。これを放置すると、そのまま慢性的な精神的なストレスを抱え込んでしまうことになります。

原因について、出来る限り早いうちに根絶するように対処するべきです。また自分ではそれほど意識をしていなくても周囲から「最近、十分眠れている?」と指摘を受けたときには真摯に対応するように心ががけることが大切です。

車を運転する人であればそれで事故を発生させてしまう危険性もあります。十分睡眠を確保し、事故につながらないように対策する必要があります。

なかなか完治せず週間化されてしまうと、体にも悪い影響を及ぼすことになります。無理な生活をしないで、きっちりと自分で健康管理をするようにしておくことが望ましい方法です。

原因を見つからず、自分の力でどうしようもないときは精神科の医師に相談してち長を受けられるようにしてください。